魔術の伝承と知識-About Witchcraft-

精霊召喚魔術

精霊は、地球上の自然や、雨や風などの現象、人工的につくられたものなど、すべてのものに宿っています。その姿を人間に見せることは滅多にありませんが、意思疎通のために現れたり、能力を持つ者だけに見せたりすることがあります。精霊召喚魔術は、これらの精霊に直接働きかけ、その力を、目的を叶えるために使うのです。

精霊召喚魔術

◆精霊の種類

精霊は、その種類により上級、下級と分かれており、力の強さはそれぞれに異なります。精霊は宿る場所や物から離れることができないため、召喚する場合は精霊が居る場所に出向いたり、宿っている物を使用したりします。

[上級精霊]

土の精霊、水の精霊、風の精霊、火の精霊、光の精霊、闇の精霊、生命の精霊、精神の精霊、の八種。ひとつの物や場所にとどまらず、広い範囲に影響を及ぼす精霊です。

[下級精霊]

ひとつの『物』に宿っている精霊。金属の精霊、植物の精霊、建物の精霊、道具の精霊など。金属なら金属の種類ごとに、植物なら植物の種類ごとに存在します。

◆精霊の力

精霊の力と聞くと、個々が持つ性質や性格と関連がありそうに思えますが、もともとはエネルギーの塊と考えた方がよいでしょう。それぞれ力の大きさは異なりますが、それに意思を与えるのは魔術師。どのように働いてほしいか、どのような力を貸してほしいかを伝え、そのとおりに動いてもらうのです。精霊は、よい影響も悪い影響も、自在に生み出すことができます。白魔術、黒魔術ともに精霊の力を使うのはこのためです。

◆精霊の役割

精霊の力を借りて願望を叶えるためには、魔術師と精霊が契約を結ぶ必要があります。多くの儀式では、精霊が好むものを与えたり、精霊に通じる言葉(呪文)を用いたりして交渉し、関係を結びます。また、悪魔や天使の権力により精霊を従わせる方法もあります。契約の後、精霊の力は我々人間には見えない上層の世界で力をふるいます。霊界や人間の意識体、宇宙空間にてエネルギーを使い、個人の運命を変えるのです。想い人の心を変えるにはその人の意識体に入り込み、金銭面での豊かさを求めるなら宇宙からのエネルギーを手繰り寄せます。また、死をもたらす場合は、対象者の肉体と意識体をつなぐ銀の糸を切るべく、体や物事に致命的な影響をもたらすのです。

ページのトップへ